インスタグラムの運営会社について

インスタグラムの運営会社はどこ?

2019年現在のインスタグラムは、世界最大のSNS「フェイスブック」を提供する「Facebook,Inc」が運営するアプリケーション(アプリ)となっています。Instagram社という社名が現存していますが、これはプロジェクト創業時に構築されたグループがそのまま引き継がれたもので、アプリのアカウントやヘルプセンターへの問い合わせなど、社外への分かりやすさを重視した結果、こうした対応が行われたものと考えられます。但し、実質的な運営は前述した通り「Facebook,Inc」によって行われています。Instagramは、共同創業者2名によって開発がスタートしたプロジェクトで、企業から投資を受ける形によって2010年6月AppStoreに登場しました。2012年4月「Facebook,Inc」が成長したインスタグラム事業を買収しましたが、その後もInstagram社は企業としての枠組みを残す事となり、現在の運営形態になったとされます。共同創業者の2名は、2018年9月に同社を退社しており、2019年現在では名実共に「Facebook,Inc」がインスタグラムを運営する企業になっていると言えます。

 

インスタグラムの運営会社は他にどんな事業をしているの?

「Facebook,Inc」と言えば、その名の通り世界最大となったSNS「フェイスブック」を運営する企業です。この他「FacebookMessenger」や「WhatsAppMessenger」というメッセンジャーアプリの運営を行っています。「FacebookMessenger」は、メッセンジャー(Messenger)と略して言われる事もあるインスタントメッセージ(IM)サービスやテキストチャット、音声通信を行える「Skype」のようなアプリでで、元々フェイスブックの機能であったものを独立させたアプリです。データが軽量なのが特徴であり、パソコン以外にもスマートフォンで利用する事が可能なアプリとされます。「WhatsAppMessenger」は、インスタントメッセージ(IM)機能に特化したアプリで、スマートフォン向けのIMアプリとしては世界最大級のシェアを持つとされます。通話などの機能はありませんが、リアルタイムにメッセージをやり取り出来る他、メッセージを音声で読み上げるボイスメモ機能なども搭載しており、スマートフォンに登録されている電話番号を元に相手とのやり取りを可能にする扱いやすさが大きな強みとされています。

 

直接運営会社に問い合わせることはできる?

運営会社は「Facebook,Inc」であり、直接的な問い合わせは原則として受け付けていません。一般ユーザーが直接連絡を必要とするケースとして考えられるのは、アカウントに関するトラブルや、運用中にユーザー間で起こるトラブルなどと考えられますが、こうしたトラブルに関してはヘルプセンターの窓口へ連絡する事が推奨されています。また、違反アカウントや問題のある投稿など、運営企業への通報が必要なケースについては、アプリ等から「問題を報告する」機能によってフィードバックとして送信する仕組みは存在します。いずれも直接的な連絡ではありますが、電話やメールと言った双方向性が強いやり取りと言えるものではないので「Facebook,Inc」に直接言いたい事がある、という意図にはそぐわないものであるかもしれません。こうした意図については、Instagram社が公式に設置しているフェイスブックからダイレクトメッセージを送るという方法が一応可能ではあります。とは言え、これはあくまでフェイスブックに搭載された機能が使用出来るという話ですので、反応を期待して送るものではないという事を注意した上で利用するのが良いでしょう。