インスタグラムで炎上した人はどれぐらいいるの?

インスタグラムで過去に炎上した人はどれくらいいるの?

インスタグラムで過去に炎上した人がどれくらいいるか気になる人も多いと思います。炎上自体は以前からネット上でありましたが最近はインスタグラムの普及でインスタグラムによる炎上件数が増えている事もあってどのくらいの人数が炎上しているか気になる人も多いです。では、実際にこれまでにインスタグラムで炎上してしまったという人はどれくらいるかというと年間2年ほど前で年間1000人くらいが炎上しているようです。その数も最近はさらに増えているので合計の人数は数千人にはなっていると思われます。これを多いと見るか少ないと見るかは人によって違ってくるかと思いますが、情報番組やネットニュースで記事にならないようなものが相当数存在するのも確かです。なので、世間で思われている以上にインスタグラムで炎上している人の数は多いという事になります。一般的に認知されるような炎上案件は多くても数十件程度だと思います。そう考えると思った以上に過去にインスタグラムで炎上した人の数は多いと感じるという人も多いと思います。なので、炎上している人の数は実際の人数としてはこの程度かと思えるという人が多いと思いますが年間1000人以上も炎上しているとは思ってない人も多いと思います。

 

インスタグラムで炎上する人の特徴

インスタグラムで炎上してしまう人の特徴としてあるのがネットを勝手に自分の狭いコミュニティだけで使っているという意識を持っているというのがあります。確かに普段ネットを使っていてもそれをどれだけの数の人間が見ているかという事を意識する事はあまりないです。そのせいでなんとなくあまり見てないと思い込んでしまって気軽な気持ちで仲間内でしかやってはいけない事をインスタグラムで公開してしまうというのがあります。その最大の要因はネットを便利なコミュニケーションツールか何かと勘違いしているからです。結局インスタグラムをネットで世界に発信しているという意識がなくメールで仲間内のやり取りをやっている程度にしか思ってないからこのような事が頻発しているというのがあります。でなければ意図せずに他人に見られてマズいと思う姿を積極的にインスタグラムに上げるわけがないからです。中には意図的に炎上させる輩もいるかもしれないですが、そんな人は稀で大抵の人はインスタグラムでくだらない動画を上げて仲間内ではしゃぎたいと思っているから炎上してしまっているというのがあります。そしてそれが誰かの手によってばら撒かれるという想像もできない人というのがあります。

 

インスタグラムで炎上しないために気をつけたいこと

インスタグラムで炎上をしないために気を付けた方が良いのはインスタグラムに上げた動画を誰が見るか分からないという意識を持つことでほぼ炎上を防げます。なぜなら、インスタグラムで炎上はしても普段の生活は上手くいっているならその人は普段は他人の目を気にして生きているという事なのでその意識をインスタグラムを使っている時も心がけるだけでくだらない動画を面白半分で上げる事はしないはずだからです。もし、そういう意識を持っていてもインスタグラムに人を不快にさせるような動画を上げているならその人は普段から周囲からすごく嫌われていると思います。ですが、普段の生活で特にそういう事がないなら普段から他人と接するのと同じようにある程度他人の目を気にしてインスタグラムを使っていれば特に炎上するような事も起きないです。それがしっかできるかどうかだけです。普段の生活のようにインスタグラムも見ず知らずの他人と接するように利用するのが大事です。